「助成金(受けられる条件にあてはまっていても、申請しないともらえないでしょう)」と聞くとなんだか難しそうであなたには理解出来そうもないし、書類や手続きも面倒そうだからと敬遠しがちですが、母子家庭で生計を立てていくのは簡単なことではないのです。出来るだけ苦労や不安を解消し、損をしないで生きていくためにも、「助成金」と言う制度を知っておくべきでしょう。母子家庭で受けることの出来る助成金制度は様々あるので、今回は助成金についてご紹介していこうと思っています。母子家庭で一番重要となってくる助成金は、「児童扶養手当」だと思います。ここで言う児童とは、18歳未満の児童、つまり、高校3年生で3月31日までのお子さんのことです。この児童を監護している母親やママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ねせるご家庭もあるそうです)の代わりに養育している人を対象とした国から受けることの出来る経済的援助のことです。支給額はその家庭の所得によって変わってきてしまうのですが、児童1人当たり全額支給で41720円、一部支給ですと41710円から9850円までの支給を受けることが可能なのです。2人目には5000円加算、3人目には3000円加算となっています。所得額が制限額を超えてしまうと児童扶養手当は支給されなくなりますから、手続きをする場合には所得額を一度確認してみて下さい。所得制限がある助成金(利用できる制度があるなら積極的に使っていきたいですよね)としては、「児童手当」という制度もあります。これは小学校3年生までの児童一人につき、5000円が支給される制度です。その他にも、医療費助成と言って、診察代や薬代を助成してもらうことが出来る制度もあります。また、18歳未満の子供がいる母子家庭に対し、母子で入居することが可能な施設もあるでしょうー